MBF21.1
MBF Lectures
「しあわせをつくる」

「この答えが人の幸せに繋がっているかをいつも考えている」(深澤直人)

コロナ禍は未だ終息の兆しが見えていません。結局、2020年度は100%オンラインでの実施になりました。そのため、メンバーの皆さまに大いに期待されていた3つの講演が実施できないままリアルの再開を待つ状況にあります。リアルの講演会実施の見通しが立ち次第日程を確定し実施に移りたいと思います。以下がその講演リストです。

【MBF Lectures 20.1 延期分:日程は2020年当初のもの】

6月26日(金) 松崎 暁 良品計画 代表取締役社長 (「株式会社」等は省略します)
 「無印良品を語る」(仮題)

8月21日(金) 安梅勅江 筑波大学医学医療系教授。国際保健福祉学会(Systems Sciences for Health Social Services, SYSTED)会長 MBFメンバー
 「いのち輝く仕掛けづくり:エンパワメント科学の挑戦」

9月15日(金) ミヒャエル・キルシュ ポルシェジャパン 代表取締役社長
 「ポルシェの芯:時代と国を超えて変わらないもの」(仮題)

【MBF Lectures 21.1:しあわせをつくる】

MBFの2021年度は、東大マーケティング・フォーラム発足から数えて26年目にあたり新しい四半世紀が始まります。2020年10月に行った「ブランド生態調査2021」では、どの生活領域でも人々のブランドに対する好感理由で「信頼」、「信用」、「安心」が目立って増えました。これらはすべて人と人の直接の繋がりからしか生まれません。今までプライベートでは当たり前だった「人が人を幸せ(不幸)にすること」がビジネスの社会でも主流になってきているようです。

モノからコトと言われてきましたが、ここにきてさらにコトからヒトに移ってきているかもしれません。P&G米国本社役員の「わが社の最大の脅威は強い思いを持った個人が立ち上げるスタートアップだ」という言葉がそのことを言い当てています。デジタル(化)の時代と言われていますがそれはヒトに対峙するものでは決してなく逆にヒトとヒトの本音の繋がりを炙り出し応援する舞台が用意されたとみることができます。

基調講演は上述の安梅先生の「いのち輝く仕掛けづくり」がいかにもふさわしいのですがコロナ明けまで待ちましょう。今回の各講演の狙いはそれぞれのところの「一言」にひとことしました。


■ プログラム
 時間:原則、17:00-19:00
 場所:当分の間、ZOOM

第1回 4月13日(火)「「世間もよし」という新しい循環:「モノからコト」を超えてヒトの時代へ」
  スピーカー:片平秀貴 (丸の内ブランドフォーラム)
  注意:4月8日(金)から再度変更になりました。

  一言:ここ何年かの間で100周年を迎える日本の多くのブランドは「世間よし」を第一に考える創業者から始まりました。一見合理的でないこのような行為はデジタルの時代にこそ求められる合理的なものであることを内外の例とロジックで示します。

第2回 4月23日(金)「前田昭博氏近況:小学生にしあわせな給食を」
  スピーカー:前田昭博(「やなせ窯」当主;重要無形文化財「白磁」保持者) 
  スピーカー:石谷健二郎(鳥取市教育委員会(総合教育センター)指導主事、元鳥取市立西郷小学校 校長)
  コメンテーター:安梅勅江(筑波大学 医学医療系教授)

  一言:前田昭博氏は白磁の人間国宝。その作品で給食を食べる小学生がいます。前田氏が 「いいものを知っていいものを愛する習慣をつけてほしい」という思いから地元の小学校に寄付を申し出たのです。そこから将来文化を尊ぶ優しい若者が育つのは間違いありません。安梅先生のコメントも楽しみです。

参考資料

第3回 5月20日(木)「地域が支え、地域を支える:若桜(わかさ)鉄道から学ぶもの」 
  スピーカー:矢部雅彦(若桜鉄道 総務部長)ほか

  一言:若桜鉄道は鳥取県のやや奥まった地域にあるたった20㎞の鉄道です。JRが廃線の決定を下してから地元の3つの自治体が立ち上がりお金と知恵を出し合って自力で知る人ぞ知る人気鉄道に育て上げました。どのようなご苦労をされたのか。ストーリーを矢部様に語っていただきます。

参考資料1
参考資料2

第4回 6月17日(木)「愛ある事業で、オルタナティブな一大企業グループをつくる 〜クリーマの挑戦〜」)
  スピーカー:丸林 耕太郎(クリーマ 代表取締役社長 兼 クリエイティブディレクター

  一言:私がたまたまここで群馬の木工芸作家の方のスツールを購入しました。生まれて初めて購入後アンケートに答えたところすぐに作家の方から素直な喜びのお礼メッセージが来ました。私もうれしくなって返信しもう一往復ありました。それからそのスツールを見るたびにうれしくなります。その「場」の運営会社が最近マザーズに上場した優等生だというのはあとで知りました。そこをプロデュースされている経営者の丸林氏から熱い思いをお聞きしたいです。

参考資料①
参考資料②

第5回 7月1日(木)「好きと欲しいをつくるInstagram」(仮題)
  スピーカー:味澤将宏(Facebook Japan 代表取締役)南勲(同 執行役員 営業本部長)
参考資料 

第6回 7月29日(木)「On Twitter」(仮題)
  スピーカー:橋本昇平氏(Twitter Next 代表)

第7回 8月20日(金)「モビリティ革命のABC:これから何がどう変わるのか」(仮題)
  スピーカー:森川高行(名古屋大学 未来社会創造機構 モビリティ社会研究所 教授;『モビリティイノベーションシリーズ 全5巻』(2020年コロナ社)編著者)

一言:森川先生は交通への工学的アプローチだけでなく、経済学的視点とユーザー目線をお持ちの世界的研究者です。いま日本で「モビリティ革命」を一番正しく中立的に語れる先生といって過言ではありません。この革命が正しく進展すると、例えばへき地の高齢者の幸せは飛躍的に増大します。SNSなどコミュニケーション系のデジタル化がわれわれの生活に大きなプラスになっているように交通のデジタル化がどう人間を幸せにできるか、世界の先端のお話をお聞きしてみたいです。

参考資料①
参考資料②

第8回 8月26日(木)「goodroom」
   スピーカー:小倉弘之(株式会社 ハプティック 代表取締役社長)

第9回 9月9日(木)「News Picksを通じて実現する未来」
   スピーカー:坂本大典(株式会社 ニューズピックス 代表取締役社長 CEO)

【2つの研究会】

研究会を2つ実施します。一つは継続、もう一つは新規です。参加資格はありますが原則追加費用は掛かりません。

SN研究会(継続)

企業単位でSNS担当者が集まり体験を共有する会。昨年度は、アルビオン、関西電力、ツイッタージャパン、三菱地所(50音順)各社が参加。今年度は4月下旬開始で月1回開催予定

禅研究会(新規)

MBF有志、片平ゼミ有志で、鈴木大拙『禅と日本文化』を読む。永平寺 横山泰賢師に基調講義調整中。スタンフォード、UCバークレーからも数人参加予定。言語は日本語。準備が遅れていて近く予定を発表します。月1回開催予定

【お問合せ他】

当プログラムについてのお問合せおよびご相談等は下記お電話または、tanaka@mbforum.jpまでお寄せ下さい。
丸の内ブランドフォーラム事務局 tanaka@mbforum.jp    
〒100-0005 千代田区丸の内3-4-1、新国際ビル432号 MBFハウス
tel: 03-5288-7400 fax: 03-5288-7401 公式サイト: www.mbforum.jp