MBF 代表

丸の内ブランドフォーラム(MBF) 代表 片平秀貴


一言紹介

2001年、「丸の内」ブランド再構築の一部をお手伝いしたご縁で丸の内ブランドフォーラム(MBF)創設。「社会に笑顔の循環をつくる」の信念のもと、同志とブランド育成の勉強と実践を続けている。
趣味は仕事とラグビー(残念ながら2017年に突然の膝の故障により現役引退)

 

プロフィール (2020年2月 現在)

現職

丸の内ブランドフォーラム (MBF)代表

兼務

『マーケティング ホライズン』編集委員長
「ブランド生態調査」主査

学歴 

1966-70               国際基督教大学 教養学部
1970-75               東京大学大学院 経済学研究科 修士/博士課程

職歴

1975-83               大阪大学 経済学部 講師・助教授
1983-89               東京大学 経済学部 助教授
1989-2004           東京大学大学院 経済学研究科 教授

職歴(その他)

1991-92, 1994      カリフォルニア大学バークレー 客員教授
1992                    ペンシルバニア大学ウォートン・スクール 客員教授
1999                    ストックホルム・スクール・オブ・エコノミクス 客員教授

その他

2001-2011   「ブランド・ジャパン」初代企画委員長
2005-2011   日本マーケティング・サイエンス学会代表理事

主著

『マーケティング・サイエンス』 (1987年 東京大学出版会)
『新版 パワー・ブランドの本質』 (1999年 ダイヤモンド社)