片岡 真実 様 プロフィール

kataoka_portrait_photo伊藤彰紀_Ito Akinori (533x800)

                                        写真: 伊藤彰紀

 

片岡真実様 プロフィール
森美術館 館長

Mami Kataoka joined the Mori Art Museum in 2003, taking on the role of director in 2020. In her time at the museum she has curated a number of major solo exhibitions of work by Asian artists, among them Ai Weiwei (in 2009; 2012–14 for international touring), Makoto Aida (2012) and Chiharu Shiota (in 2019; 2019-2023 for international touring); other recent projects include a group exhibition Another Energy focusing on 16 women artists in their 70s or older (2021). Beyond Tokyo, Kataoka has held positions at the Hayward Gallery in London, where from 2007–09 she was the institution’s first international curator; she has also acted as co-artistic director for the 9th Gwangju Biennale (2012), artistic director for the 21st Biennale of Sydney (2018) and is currently artistic director for the Aichi Triennale 2022. Kataoka has been serving as a Board Member of CIMAM [International Committee for Museums and Collections of Modern Art] (2014-) and currently the President of CIMAM.

ニッセイ基礎研究所都市開発部研究員、東京オペラシティアートギャラリー・チーフキュレーターを経て、2003年より森美術館。2020年より現職。これまでアジア人作家を中心に、艾未未(2019年、2012-2014年海外巡回)、会田誠(2012年)、塩田千春(2019年、2019-2023年海外巡回予定)を含む数多くの個展、グループ展を手掛ける。最新の展覧会は「アナザーエナジー展:挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人」(2021年、森美術館)。2007~2009年はヘイワード・ギャラリー(ロンドン)にて、インターナショナル・キュレーターを兼務。第9回光州ビエンナーレ(2012年)共同芸術監督、第21回シドニー・ビエンナーレ(2018年)芸術監督。2022年開催予定の国際芸術祭「あいち2022」芸術監督。2014年からCIMAM(国際美術館会議)理事、2020年より会長を務める。